香港でウイグル支持の集会、警察が催涙スプレーで排除【ツイッターまとめ】

アジア, 中国

香港中心部で22日、新疆ウイグル自治区のイスラム教少数民族ウイグル族を支持する抗議集会が行われた。集会はおおむね平和的に行われたが、その後警察が催涙スプレーなどを使って排除に乗り出した。写真は12月22日撮影、香港で撮影(2019年 ロイター/Lucy Nicholson)

[香港 22日 ロイター] – 香港中心部で22日、新疆ウイグル自治区のイスラム教少数民族ウイグル族を支持する抗議集会が行われた。集会はおおむね平和的に行われたが、その後警察が催涙スプレーなどを使って排除に乗り出した。
数十人の機動隊員がガラス瓶や石を投げるデモ参加者と衝突した。
これより先には、ウイグルの旗などを掲げた1000人以上が参加して平和的な集会が行われた。黒い服を着てマスクで顔を覆った幅広い年齢層の市民が参加し、新疆ウイグル自治区や香港の自由を訴えた。
6月に始まった香港の反政府デモは7カ月目に入り、香港経済はリセッション(景気後退)に陥っている。観光客が減少する中、小売業者などが打撃を受けている。
香港の陳茂波(ポール・チャン)財政官は22日、自身のブログで、状況が改善しなければ、来年は企業の閉鎖が相次ぐ可能性があると指摘。「多くの企業は現在、歯を食いしばって事業継続に奮闘している」とし、暴力の停止を訴えた。

https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/50141.html